矛盾しているみたいだが

英会話を習っているが英語のテストの成績は良くない、という人が最近多い。時々、来塾・相談もされる。

当塾は、英語だけが指導科目ではないから、それも通塾の理由の一つだと思う。英語と数学の2科目に対応できるようになっても、塾の費用に変化はない。これは高校進学の事情を考えてのことでもある。大学進学と違って、高校進学は5科目すべての勝負だ。できる限り不得意科目を減らし、苦手をなくす、同時に絶対英語がある程度はできるようにならなければ「怖くて前に出れない」から、英語力の確立が「大戦略」で、これを損なうと、後にちまちま修正しても取り返しがつかない。

それに中学レベルのことはできるようになって当然、ということもある。もちろん渦中にいる中学生にとっては「御代官様、そんなご無体な」と言いたい気持ちはよくわかる。でも本当の事だからだ。高校に行けば実感するはずだ。

話は元に戻って

考えられる原因は2つある。
普通の人は、自分一人でうんうん考えることと同時に、「意見を言ったり、討議することで理解が進む」ことも多い。3人いれば文殊のなんとかやら、だ。この原理は、一人の人間の内部でも当てはまる。

諺に「聞くと見るでは大違い」がある。これと似ていて、思う・考える→自分の意見を言う→自分の意見を書くは、全然違うもので、相互に影響していて、中々思い通りにいかない時があるはずだ。

書いていないから、書いても覚えていないから

ある外国語を話す、というのも同じだ。それには日本語も英語も中国語もない。考えていても、それを口に出したり、書いたりすることは別物だ。口にするのも、書くのも練習や訓練が必要で、日々鍛錬しなければ、すぐに錆びついてしまう。

数学でも同じだ。
中学2年後半で図形の勉強ばかりしていた人が、急に計算問題を復習すると、間違えてばかりを最初は繰り返す現象が起きる。スポーツでも勉強でも「フェイント」には誰でも弱いのだ。

だからいくら英会話だけを練習しても、書く練習をしなければ、点数は取れるはずがない。「わかっていたのに~」というレベルは all or nothing で、「わかっていない」のと同じだな、オレは(あるいは私は)まだダメだな、と認識するしかない。

いわゆるネイティブスピーカーの当たり前は、我々には当たり前ではないという認識がない

原因の2つめが、ネイティブ・スピーカはネイティブであるがゆえに、「日本人がなぜわからないか」がわかっていない、ということだ。

これは数学の先生が、数学のできない人のできないところにピンとこないのと、似ている。数学の先生は数学が好きだから数学の先生になれたのであり、できない人=発想が身につかない人のことは、頭では理解できても、心では理解できないのである。

私自身は、中学の時、英語が面倒な科目だな、と思っていた。単語を覚えたり、英文を覚えたり書いたりするのがとても面倒だったからだ。そして間違えても、どこが間違っているのかわからないので、イライラした。その点数学は答が合わなければ、どこかで考え違いや、計算ミスをしているに決まっているのだから、それを探せばいいので、数学は好きだった。

英語のできない人に一番最初に共通していることは、英語は「主語→述語→目的語」の順番に並べないと、いくら単語が正確に書けていても、点数は全く取れない、という大原則をはずしていることだ。また「名詞+前置詞+名詞」を見たら、小さな形容詞句だと思え、も身についていない。だから整序問題で失敗する。

あるいはもっと根本的に、日本語ができていないことも視野に入れたほうがいい。ある日本語単語(たいていは複数個)を入れて、意味の通る短文を作れ、などの問題が、即座にできない人は英語もできない。

え、そんなこと当たり前じゃないか、と思う人は「数学ができて数学の先生になったが、生徒のわからないところがわからない先生」と同じである。わかっていない人は、根本的なことが案外わかっていないし、しょっちゅう起きていることだ。

ネイティブ・スピーカーは、この順番に並べることを、それこそ細胞レベルでわかっているから、日本人スピーカーがそこを間違うことに理解できず、注意をする仕方もわかっていない。中にはそこまで指導できる人もいるかもしれないが、指導できない人に当たったら、何年やっても書く英語の点数は取れないだろうし、身にはつかないことも原因の1つだろう。