進学学習指導 誠衛塾

「藤原定家」の記事一覧

百人一首083 … 皇太后宮大夫俊成

「こうたいぐうのたいふ しゅんぜい」と読む。定家の父親 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる [現代和訳]世の中というものは逃れる道がない。山奥に逃れてきたが、こんな静かな山奥でも、辛いのか、鹿が鳴 […]

明けましておめでとうございます。

普通とはめでたいことです。 ごく普通に年が明けて、墓参りを済ませ、近所の神社で初詣を済ませるという、つまりいつもの新年の始まりであり、「普通である」ことは、災害国・日本に住む身としては、ありがたいことです。 また、今日に […]